かわいいを見つける旅シリーズ「尾道編」(2) -ランチ〜古寺めぐりコースへ-

旅行先でかわいいものを見つけるシリーズ「尾道編」の2回目レポートです。

最初のレポートから読む

前回のレポートでは、尾道のことや今回の旅のルートのことを書きました。
今回は、ランチで行ったお店と、お店から「古寺めぐりコース」に入るまでをご紹介したいと思います。

まずは腹ごしらえのランチから*

赤レンガ造りが印象的
欧風レストラン「尾道レスポワール・ドゥ・カフェ」でランチ

尾道 LESPOIR

尾道レスポワールドゥ・カフェ尾道に着いてまず訪れたのは、赤レンガ造りの建物が印象的な「尾道レスポワール・ドゥ・カフェ」。こちらでランチをいただきました。お店の中はとっても広くて、2階もあります。

尾道レスポワール・ドゥ・カフェ壁にはフランスモチーフのかわいらしい絵がちらほら。絵の中にお店の名前が書いてあったりしたので、オリジナルの絵かも。

尾道レスポワール・ドゥ・カフェ 尾道レスポワール・ドゥ・カフェ
料理は、カジュアルフレンチ。野菜は同じ県内にある世羅高原のものを使っているそう。
私は1,500円くらいのランチを食べました。9種類の前菜とスープ、メイン、パンが出てきます。パンにニコちゃん顔が書いてあってかわいかったな*

ココは、参考にした「ことりっぷ倉敷・尾道・瀬戸内の島」のおしゃれランチページの1番目に書いてあったお店。料理のかわいらしさとフレンチっていうのと、レンガの建物っていうことで決めました*

尾道の駅前

尾道駅 尾道駅
ランチを食べて、尾道のメインエリアに向かってテクテク。
こちらが尾道駅。駅前は広くってきれいな感じです。周りを見渡すと、海や向いの島、造船所なんかが見えてなかなか風情があります。対岸の島までは少ししか離れてないのですが、小さなフェリーが行き来しています。(写真ではちょっと分かりづらいですが、手前と向こう側の造船所との間に、細い海(尾道水道)があります。)

ここだけ見れば、川があるように見えるかもしれませんが、海なんですよね。普通の海って向こう側が開けてて、地平線があって波があると思うんですが、瀬戸内海はちょっと違います。川みたいに海があるので、普通の海の風景とはまた違った表情を見せてくれます。

海沿いには散策用の道やベンチもあってそちらもおすすめ◎ 今回はできなかったけど、瀬戸内海を見ながらお菓子やパンを食べるのもいいな、なんて思いました。

「古寺めぐりコース」に入ります

P5023539 尾道にはたくさんのお寺があるのですが、それらを結ぶ「古寺(こじ)めぐりコース」という道があります。駅を通り過ぎてちょっと歩いた山側に入り口があり、そこから小道に入っていきます。

尾道はネコも有名なのですが、早速出会いましたよ*

それでは、続きはまた次回のレポートで。
次回は古寺めぐりコースの様子をお届けしたいと思います。
お楽しみにー。

次回のレポートはこちら
かわいいを見つける旅シリーズ「尾道編」(3) -古寺めぐりコース散策-

【かわいいを見つける旅シリーズ「尾道編」】
(1) 尾道ってどんなとこ?
(2) ランチ〜古寺めぐりコースへ
(3) 古寺めぐりコース散策
(4) 千光寺と猫の細道
(5) 老舗ワッフル屋さんと商店街のお店

 

かわいい "レポート" 一覧

"レポート" の最新記事