野菜たっぷりスープが簡単に作れる「スープパレット」

スープパレット

最近、フリーズドライのお味噌汁や果物、乾燥野菜なんかが流行ってますね。
今日はそんな乾燥野菜を使った、かわいいパッケージのスープをご紹介*
広島のこだま食品さんが作る「スープパレット」という商品。スープと19種類の乾燥野菜を組み合わせて、お好みのスープを作ることができます。

スープパレット
こちらが、「野菜ブイヨン(スープのもと)」。1人分(300ml)のスープが作れるもとが、20パック入っています。

スープパレット
こちらは、スープに入れる乾燥野菜のたまねぎ。35g入りで、300mlに対して2gが目安だそう。ということはー…、17回ぐらい使えるのかな。
これは玉ねぎだけど、他にも、にんじん・ごぼう・かぼちゃ・トマト・キャベツ・コーンなどなど、計19種類もの野菜があります。普通の料理でもちょっと野菜を足したいってときにもいいですね〜。

何よりパッケージがかわいい。。

スープパレット
パッケージにはお野菜のイラストがたくさん。19種類の野菜が一つ一つ描かれてます。この野菜あったっけ?っていうときもパッケージを見たら分かりますね。

スープパレット
あの、スープくんみたいなキャラクターがかわいい。

これを教えてくれたのは、この前ご紹介したかわいいイカ天 「瀬戸内れもん味 イカ天」 を企画した広島の岡田さん。
このスープパレットのレシピ開発をお手伝いされてるそうで、「乾物の商品はパッケージがあまり…なのが多いけど、これならキッチンにあってもうれしいですね」と教えてくれました。
確かに、乾物系でおしゃれだったり可愛かったりするパッケージは少ないかも。
また、「すぐ食べるのもいいけど、4〜6時間後に食べると、ずっと甘みと素材感の強いスープになります」とのこと。

2回食べたけど、普通においしかったです(´u`。)
数時間置いて食べるともっとおいしいとのことなので、今度はそれをしてみようかな。

野菜の種類も豊富なんだけど、スープの種類もトマト・コーン・じゃがいも・かぼちゃなど6種類もあります。組み合わせで、ミネストローネとかコンポタージュとかができるみたい。
私は、平日だとごはん1品作るので力つきてしまうので…、食べる前にお湯を沸かすだけで作れるスープはありがたいです。
そしてパッケージがかわいいと置いててもいいですね◎ 良い気分になります*

朝食パレット・夕食パレットっていう何袋か入ってるセットもあるんだけど、もらったらうれしいだろうな。わー(´▽`〃)*ってなりそうです。

スープパレットはこちらのオンラインショップで買うことができます。
▶︎ Soup Palette|こだまいきいき農場

ではでは、またかわいいものを見つけたらご報告しますねー*



かわいい "食べもの" 一覧

"食べもの" の最新記事