北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

北海道・長谷川製菓の「Hokkaido マトリョーシカ」

お菓子 読みもの

こんにちは。かわいいものコレクターのkeecoです。

今日は、北海道で買った「Hokkaido マトリョーシカ」をご紹介。
マトリョーシカを使ったデザインがかわいすぎるお菓子です。

Hokkaido マトリョーシカとは

北海道・摩周湖のふもとでお土産菓子を製造販売している長谷製菓さん。
ここで作られる北海道のお土産です。

中のお菓子は、ホワイトチョコやジャムからなる4層のおまんじゅう。
種類は、ハスカップジャムを使ったものといちごジャムを使ったものと2つあります。

このお菓子がマトリョーシカ柄で包まれていてとってもかわいいんですね〜。

それでは早速、いろんな角度から見ていきましょう*

まずは箱から

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

私が買ったのは、いちごジャムを使ったピンク色の箱の方。

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

文字の中に木やお花が入ったロゴ。ちっちゃいマトリョーシカもいますね。

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

ハートを持ったマトリョーシカ。

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

横はこんな感じ。北海道の風景が広がります。

マトリョーシカ登場

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

箱を開けると、花柄の袋に入ったお菓子が出てきました。

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

中に入っていたのは5人のマトリョーシカたち。
おや、手に何か持っていますね。

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

牛乳 わんこそば、りんご、こけし?
買うときは気がつかなかったんだけど、マトリョーシカたちが持っていたのは東北の特産品でした。
もう一つのハスカップジャムを使った水色の箱の方が、北海道の特産を持っているんだそう。

実は東北のお土産だったんだけど、まぁそんな細かいことは置いといて*
とりあえずみんなかわいいので一人一人見ていきましょう!

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

一番左の子は牛乳かな。
やっぱ東北は牛乳ですよねぇ。

追記: この子が持っているのは牛乳ではなくて、「わんこそばでは?」というご指摘をいただきました。確かによく見ると、お椀が3つ重なってるように見えます。てっきり牛乳かと思ってしまいました…。ということで、一番左の子は岩手の特産品を持っていましたね。(2015.12.9)

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

2番目の子はりんご。
青森のりんごですね。

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

真ん中の子はこけし。
一緒に入っていたカードによると、マトリョーシカはこのこけしが一番のお気に入りなんだそう。

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

4番目の子は、山形の花笠祭りで使う花笠。

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

そして最後の子は、秋田のきりたんぽを持っていました。

マトリョーシカが持っているものは季節によって変わるそうです。
私は9月に買ったので、また冬に行くと違うものを持ってるのかな。

一緒に入っていたカード

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

カードの表。
山から続いている道にマトリョーシカがいます。

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

裏にはマトリョーシカの紹介。
「北海道のどこかに棲んでいるマトリョーシカ。ときどき、人里に下りてきて、お気に入りの何かを届けてくれます。」とのこと。

中のお菓子

北海道・長谷川製菓「Hokkaido マトリョーシカ」

お菓子はこんな感じ。
真ん中がジャム、2種類の生地が間にあって、ホワイトチョコでコーティングされていました。
マトリョーシカのようにいくつも層になったお菓子でした。

* * *

私は、地域のお土産がたくさん載っているデザイン本(『地域発 ヒット商品のデザイン』)でこのお菓子を知りました。

実際に買ったのは、釧路のホテルの売店。
作っている場所(摩周湖)と近かったので置かれていたんですね。

千歳空港にもあるかなと思ったら、私は見つけられず。
でも調べると「千歳空港で買った」という方もいました。
色々な場所に置いてあるわけではないようですね。

北海道に行ったら絶対買おうと思っていたので、広い北海道で出会えてよかった◎
みなさまもマトリョーシカに出会ったら、お手にとって見てみてください*

新着 "お菓子"

"お菓子" 一覧

読みものカテゴリ