乙女の金沢展のデザイナーさんがデザインした石川県の北陸新幹線ゆるキャラ「ひゃくまんさん」

hyakuman-san

このだるまのようなキャラクターの名前は「ひゃくまんさん」。2015年春に開通予定の北陸新幹線金沢-長野間の開業PRのために作られたマスコットキャラクターです。
背中はこんな感じ。

ひゃくまんさん

だるまに似た加賀の郷土玩具「加賀八幡起上り(はちまんおきあがり)」をモチーフにしているそう。金箔や加賀友禅の模様、九谷焼の色彩を全体にあしらい、目やひげは漆黒の輪島塗を表現しているそうです。

このキャラクターをデザインしたのは、田中聡美さんという石川県出身のデザイナーさん。この方は他の作品もとってもかわいくて、特に「乙女の金沢展」のイラストとデザインが有名です。

実はちょっと「かわいくないのでは??」という声も出ている…話題のゆるキャラなのですが、私はかわいらしいと思いました。もしかしたら せんとくんひこにゃんくまもんより、華やかなひゃくまんさんの方が好きかもしれません。
みんなの反応を見てちょっとずつステキになっていくかもしれないひゃくまんさんを、これからも見守って行けたらと思います。



かわいい "そのほかのもの" 一覧

"そのほかのもの" の最新記事